人の本質を見ようとしたら自分を見つめ直すことにつながった。

ある方からご縁をいただき、現在、出版本の編集に携わらせていただいています。
実際に出版されるのは、まだまだ先の話です。
これまで、広報物の編集作業は経験ありましたが、
販売される本の編集というのは初めてのことで、
なんとも言いがたい高揚感があります。

本の内容はここでは差し控えるとして、
この作業を行っていくなかで、
とても不思議な感覚を覚えたので備忘録として記します。

編集ということは、例えば著者である方の考えにふれなければできません。
その方の考えや書かれているものを自分の中で咀嚼しながら、
どう組み立てるのが良いのかを考える。
もちろん私一人で考えるわけではなく、
著者の方とやりとりしながら、その方のお考えを前提として考えます。

もしかすると鳥の視点で俯瞰して、客観的にその方の考えや思いを受けとめ、
編集していくことが良いのかもしれませんが、
不器用な私は、どこかでその方に憑依するようなそんな感覚があります。
そのうえで客観視するという、そんな感じで作業を進めてきました。

著者の方のお考え、思いを深堀りする、そんな作業を繰り返していたのですが、
これがなぜか自分を深堀するというか、自分を見つめ直すことにつながったような気がしています。
自分ではない人格について考え、見つめていたのに
それが結果、自分を見つめ直すことにつながるとは、
作業を始めた当初は思ってもみませんでした。

結果、自分のダメなところ、無意識のうちにかぶっていた鎧や
ついてしまった垢のようなものがとれるような、そんな感覚を覚えました。
こういうのをメンタルブロックが外れたというのかしら。。。

3年くらい前に、ファシリテーションプロフェッショナル講座だったか、
そういうのを受けた時に、スキルではなく、あり方を問われ、
もはやこれはファシリテーション講座というより自己啓発講座ではないかとさえ
思うような内容で、自分の問題点をつきつけられました。
その時は、なんとなく感じたような、わかったような気がしていたのですが、
じつはぜんぜんわかっていなかったことを、今更ならが実感し、今になって、
あの時できなかったことができるようなになったような感覚を覚えました。

自分自身を問われ、自分を省みるように力を入れていたことが
逆に自分を頑なにしていたのかどうかわかりませんが、
自分以外の人の本音、本質に向き合おうとした結果、
それが自分と向き合うことになったとは、なんとも面白いなぁと思っています。

この編集という作業、苦しいですけど、とても楽しい。
もっともっとそういう仕事を増やしていきたいなぁと思うこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です